カンボジアからの外国人技能実習生

main-img

日本では外国人技能実習生という仕組みを作り、カンボジアの人を受け入れています。カンボジアからの外国人研修生は、政府認定の送り出し機関から受け入れ機関に派遣されます。様々な認定条件をクリアすると技能習得のための業務にあたることが可能になります。

カンボジアの技能実習生における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

その業務にあたる前に日本のマナーを勉強します。
受け入れを希望する場合には、送り出し機関に登録する必要があります。

外国人技能実習生という形で日本で業務をするカンボジアの方は少なくないです。



外国企業との関係が強化されるので、経営を国際化していくことができ外国人観光客にも利用しやすい会社を作ることができます。
外国人研修生は意欲の高い人たちばかりなので、職場が活性化され明るい雰囲気となります。

カンボジアから来ているので仕事の仕方や細かい会社のルールなど教えなければならないので、教えることで社員の向上心も高まります。



労働力不足で悩んでいる会社は戦力として期待できます。

受け入れが可能な職種は様々で繊維関係や機械・金属関係、食品関係などがあります。さらに建設や農業も受け入れることができます。


外国人技能実習生は一所懸命仕事を頑張りたいという思いがある人が申し込んでいるので、大変真面目で研修も一生懸命行います。
カンボジアから来た人を温かく迎え、優しく言語やマナーを教えてあげる必要があります。

必ず、国際的になったり雰囲気が良くなったりと全体的にプラスになるので、研修生の受け入れを考えることは良いことです。

カンボジアの技能実習生の学びたい知識

subpage01

日本の企業は、近年カンボジアをはじめとした技能実習生を受け入れるところが増えてきています。ただ働きにくるだけでなく、日本の高い技能を習得してもらい、その後カンボジアに戻って将来の国の発展に貢献する若者を育てるのが目的です。...

more

カンボジアの技能実習生の最新考察

subpage02

日本には発展途上国から若い人材を招き入れ、主に中小企業で技能を習得しながら実習してもらうという制度があり、たくさんの外国の若者がこの制度を利用しています。カンボジアからの技能実習生も大勢日本を訪れており、様々な企業で働いているのです。...

more

カンボジアの技能実習生をもっと知る

subpage03

不景気で就職難といわれている時代でも人手不足に悩む日本の企業があります。その民間企業の中には人手不足解消や職場の活性化、国際交流を目的に東南アジア等からの外国人を技能実習生として招いています。...

more

カンボジアの技能実習生の驚く情報

subpage04

外国人技能実習制度は、開発途上国等の青年・壮年労働者を国内の産業界に受け入れ、技能を修得してもらい母国での産業振興の担い手とするための制度です。この制度は、技能実習生に日本の進んだ技能や知識を伝え、帰国後にその国の経済発展を担う人材育成を目的としており、日本の国際協力・国際貢献にとっても重要な位置づけとなる制度でもあります。...

more